コロナ時代の「観光業」はどうなる?

昨今のパンデミックは、私たち人間に試された厳しい教訓と捉えることもできます。経済の停滞と社会からの隔離により、自然は息を吹き返すことができ、気候変動に解決策があることが判明しています。持続可能性への意識が高まり、各国は、経済的利益よりも、持続可能性にもっと注意を払うようになるでしょう。

もちろん、たくさんのお金を稼げることは良いですが、すべての収入を完全に失うのは良いことではありません。持続可能性に投資することは、私たちの地球、私たち一人一人の生活、そして長期的には国の経済、それらすべてにとって良いことになるのです。

私たち人間は皆、ひとつの特徴を共有しています。それは、私たちが普段、多くのことに対して、「ありがたみ」を忘れてしまっているということです。

@‘吨‚ÌŠÏŒõ‹q‚ç‚Å‚É‚¬‚키“Œ‹žEó‘‚Ì’‡Œ©¢’ʂ聁‚Q‚P“úŒßŒã

しかしパンデミックによって、私たちは、新鮮な空気、建物の前の公園にある木々、全国の豊富な自然のありがたみを、改めて実感することができましたよね。今回の経験から、あらゆる事が当たり前に存在しているわけではないことを学べたのです。

一方、世界中の移動が規制されたパンデミックは、観光業に依存している小さな町に、特に大きな打撃を与えました。しかし、こうした小さい町の危機的状況がニュースで大きく取り上げられた結果、今、パンデミック前よりも多くの観光客が訪れる傾向が出てきており、この傾向は今後も継続する可能性が十分にあります。

このようにして、小さな町の観光を促進する目的は、一点集中を避け、その地に秘められた美しさをより多くの人に知ってもらい、その町の経済の息を吹き返すことにあります。

 

少なくとも短期的には、飛行機移動よりも、車移動の方が多くなるでしょう。新型コロナウイルスが急速に広まった時、多くの人々が旅先で立ち往生せざる得なくなり、当然、彼らは非常に動揺することとなりました。

そのような悲劇を体験した一部の人々は、恐らくまだコロナの感染リスクを受け入れる心の準備ができていないでしょう。これが、しばらくの間、車移動が飛行機移動よりも多くなる理由のひとつです。

まとめ

何はともあれ、確かなことは、観光業は決して消滅することはないということ、地球はあまりに大きいということ、そして人間の好奇心はそれよりさらに大きいということです。

私たち人間は皆、旅することで、日々の忙しさから抜け出し、生きる喜びを感じているのです。人生は一度きりですから、これからも行きたい場所に旅して、人生を謳歌していきましょう!